エフェキュアシャンプーとは » 界面活性剤について

界面活性剤は髪のとっていいの?

聞いたことのある界面活性剤とはどんなもの?

育毛シャンプーを考える上で、十分に気をつけておきたい成分があります。
それは、界面活性剤です。

現在、市販されているシャンプーのほとんどに、この界面活性剤が入っているといわれています。

当たり前すぎて余り気に留めることがない方も多いかと思いますが、
界面活性剤は、育毛にとって大きな悪影響を与えかねない成分なのです。

ところで、界面活性剤とはなんでしょうか?

界面活性剤は、本来混ざりにくい水と油を融和するために使われるものです。

頭髪の汚れは、皮脂を中心とした脂肪分とそれに付着したもの、すなわち油汚れです。
そのため、水だけではなかなか洗い流すことができません。

その油と水を融和させるために界面活性剤が使われているのです。

シャンプーは皮脂や汚れをきれいに洗い流すために使用されます。
界面活性剤が使われているシャンプーは豊かに泡立ちます。


しかし、この界面活性剤はとても洗浄力が強く、時として頭皮や髪を傷め、
栄養分までも洗い落としてしまうため、育毛を妨げる原因となってしまいます。

特に、合成界面活性剤であるラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムといった成分は、
たんぱく質を破壊する作用があり、育毛にとって最もマイナスとなる可能性が高いものです。

これらの成分は希薄して使われていますが、原液のままだと猛毒の分類になっているものです。

洗浄力の高さと引き換えに使用するには、余りにも危険であると言えるでしょう。
育毛のことを考えれば、界面活性剤が入っていないシャンプーを選ぶことが最良です。

しかしながら、界面活性剤は、洗浄力を考えれば外す事のできない成分です。

近年では様々な種類が作られ、頭皮に優しいものも登場してきました。
できるだけ頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。
頭皮と髪へのダメージが少ないアミノ酸系シャンプーがオススメです。