エフェキュアシャンプーとは » 育毛剤の違い

育毛剤について女性用と男性用を比較してみる

育毛剤の男性用と女性用の違いについて

薄毛・脱毛の原因は、男性も女性も遺伝と生活習慣と言えます。

ただし、男性の方が女性よりも遺伝の影響が多く見られるようです。
脱毛を引き起こす原因となる男性ホルモンを男性は多く持つため、それが直接の薄毛の原因となっています。

薄毛には、生え際から薄くなっていくものと頭頂部から薄くなっていくものがあります。

生え際から薄くなるのは男性ホルモンの影響によるもので、
頭頂部からのものは老化や生活習慣によるものと考えられています。

男性の脱毛は、生え際の髪が薄くなるケースと頭頂部から薄くなるケース
半々程度ありますが、対して女性は、頭頂部を中心に全体的に頭髪が薄くなるといった場合が多く見られます。

毛髪が細ることで薄毛になるのは、男性、女性どちらの場合も変わりませんが、
男性の場合はホルモンによる遺伝的要因が大きく生えている毛が同時に細くなるのが特徴なのに比べ、
女性は、老化やストレス、過度のヘアケアやダイエットなどにより、
1本ずつ細く次第になってひょろひょろした毛が多くなるという特徴があります。

以上のように、男性と女性では、薄毛・脱毛の原因となる要素に違いがあるため、
育毛剤の成分も違ってきます。


一般的に男性用育毛剤では、男性ホルモンを抑制する成分を中心として
栄養剤や血流改善作用を持つ成分が含まれています。


一方、女性用育毛剤では、女性の薄毛原因が人それぞれということもあり、
配合されている成分もそれぞれ様々になっています。多くの場合は、新陳代謝を促進する成分や、
頭皮と髪を清潔に保つための成分、頭皮に潤いを与え保つための成分などが含まれているようです。

栄養を補う、血流を改善するという点では男性用育毛剤も女性に効果があるかもしれませんが、
男性ホルモンを抑制する成分は余り必要はありません。

かえって、妊娠中に接することで
胎児に重大な影響を及ぼす恐れがあるプロペシアなどの成分が含まれるなど、
女性の使用が不可能になっているものもあることから、
女性はやはり女性用育毛剤を使うのが安心と言えるでしょう。